FC2ブログ

とっとっとの部屋 想い出がキラキラ

没になってしまいました。





「寅」が静かにしていたので

・・・("^ω^)・・・そっと覗いたら



ガラクタの穴に革紐を通していました。

久しぶりに見る「革紐通し」です







  急いでカメラを構えて パチリ


その瞬間

「寅」は 革紐と ガラクタを

ポイ. ポンッと床へ投げ捨ててしまいました





あ~〜残念

久しぶりに凄い技が見られたのに

あ~〜
  本当に残念










スポンサーサイト



それは・・・記憶の中だけに



東日本や西日本を横断した台風12号・・・・困った変わり者

九州に向かってくる、と言うことで
雨、風対策に雨戸を閉めて、植木の鉢植えは玄関先に。

取りあえず準備だけはして「さぁ いらっしゃい
」と待って居ました。


                 翌朝






表に出てみましたが、涼しい風が
心地よく吹いてはいるものの
それ以外特別に変わったところは見られませんでした。





清々しい朝になりました







「寅」の写真を撮り 写り具合を確認していたとき
 ある一枚の写真と重なってしまい ドキッとしました。













重なったのは『エビ』のこの写真です。



一歳の誕生を迎える8月を前に
☆になってしまった『エビ』。



今年は
ブログの記事に敢えてしませんでしたが
2015年7月22日は
『エビ」とお別れをした日でした。



楽しかった日々のことだけを
想い出にして

辛くて悲しかったあの日々の記憶は
私の中に閉じ込めてしまいました。







大空に向かって・・・・大きく羽ばたいて
『エビ』











『エビ』のお陰で
餌の減り具合、体重の変化、糞の状態など
『鳥』たちの健康管理には 気を配るようになりました。








3歳になった「寅」は
ヤンチャなところは残したまま、
とても逞しく育ってくれています。

無暗に噛むということもなくなり
スキンシップの心地よさを「寅」なりに覚えたようです。
(主人への攻撃もずいぶん減少しました。)










ビビりマンは相変わらずですが
それはご愛敬








「しあ」がくつろげるもの


                                                   昨夜の《しあ》は
       《ゆう》ちゃんと「寅」がおもちゃで遊んでるのを
           じ――――――っと見ていました





           プラスチック系のオモチャに
          《しあ》は全然関心がありません。



       ("^ω^)・・・・・では 何が良いのかと言えば










籠の扉があって
チョット見え難いですが









これで 分かりますね












少し硬めの紙が
《しあ》にはオモチャ以上の価値があるようです










紙を半分に折って入れてあげると
衝立の様になった紙に身体をくっつけて












紙にぴったりくっついて

スキンシップが好きなのです










 《しあ》がこちらをジロリ

と見ました







何か
怒って

みたい・・・









こんなことを 言ってるのかもしれません


















ごめんなさい。。。でした





久しぶりに雨音を聴いています。
でも、これが台風からの雨だとは 
まだ感じられないような 弱い降り方です。





似てますが・・・・ちょっと違う(笑)





《ゆう》ちゃんと「寅」が
ペットボトルに付ける道具のカケラで遊んでいます。















「寅」の方が
道具が一個多いようです

















さすが 遊びに関しては
「寅」の方が一枚上手のようで






道具の突起の部分に
ピンクのオモチャのパーツを差し込んでいます。















《ゆう》ちゃんは齧ってただけでした



それでも楽しそうですね。










エンドレス♬





「餌入れ」をひっくり返す遊びは禁じられ
ましたが


「寅」はまた新しい遊びを思いつきました。








白いもの・・・・ペットボトル用部品の「キティちゃん」です。











齧って、半分に割ったものを



ケージの桟の間から押し出しています。










納得いく形で桟に挟もうとしてるのか・・・

思わず落としてしまった時の「寅」の仕草

笑えました




凝り性の「寅」なので
暫らくはこの遊びが続くはずです(笑)



















ほーーら  ねっ









 《しあ》💗 さすがです👏





《しあ》が「寅」の水入れを
興味津々の顔で覗いて居ました。










《しあ》の大好きな《水》だと気づいたようです


















なに




































《しあ》は何にでも挑戦してみる

凄いアクティブな女の子です








油断大敵('Д')


                                    テレビの画面が・・・・なにか変







何が原因か 縦に太い線が入ってる








故障!?




あ・
あ〜~〜





線が出ている画面の下の方に
よく見ると
ポッコリと穴が開いていました。。。








これはきっと「寅」の仕業




息子に確認したところ


間違いなく「寅」が噛んだということでした。












朝から 体重測定用の止まり木に止まらせて
「寅」の水入れの水を交換していたそうですが・・・














最初はこんな状態でしたが

何かのはずみで止まり木から降りて




齧った 噛んだ





   液晶が壊れて こんな縦線が入ってしまったようです。








何でも齧る「寅」






 大物のテレビに挑戦させたのは

  私たちの油断です






それにしても


  テレビ・修理ができるのかな










あれ?!  ペレットが降って来た





『ちゃぶ台返し防止』の餌入れを取り付けて以来
餌入れ毎「ペレット」をまき散らすことが
でき無くなった「寅」でしたが


はい はじめます
















そうでした


これをすっかり忘れていました







「寅」には 大きな嘴ショベルと
器用な肢があったのでした


おまけに《音》を
何十個も撒いているように錯覚させる
ばら撒き技も持っているのです

パラパラパラと
床に撒き散らされる「ペレット




ペレットばら撒き防止策




  

 なにか・・・("^ω^)・・・無いものでしょうか。









あ~驚いた!







『ちゃぶ台返し防止』の餌いれの製作者[にゃんぴ]さんから
❬寅❭にと
コルクの串刺しを頂きました。


案の定……というか
やはり……というか



『寅』の表情。。。ビビってます。






慣れとは。。。。こんなもの(>_<)




《しあ》がまた また また また
「寅」のケージに侵入








いつものように 我が物顔の《しあ》










 そして、いつものように
「寅」のシードの残りを食べる《しあ》。












隣の『ゆう』ちゃんは 
侵入《しあ》を見ても 少しも気にならないようです









毎度のことなので

『あ、また入ってる』。。。。位の感覚なのでしょう。

















・・・・と言ってる私も

《ゆう》ちゃんと同じように

あ、《しあ》が また入ってる。。。なんて




驚きも 興味もだんだん薄くなり
その事柄が日常の一部になり
いつものこととして受け入れてしまう


慣れとは・・・・


新鮮味をなくしてしまうことのようです。









「寅」💕「寅」💗「寅」♡の毎日。









扇風機の風が「寅」に当たって

ぷわーーーっと羽根が広がって
白クマの人形のようになりました(笑)










どこかにぶつけたのか
下瞼のところに 血豆が出来ていました。

釣り下げたオモチャを振り回してますから
たぶん。。。それ



ま〜 これ位は 元気な証拠かな










だそうで




元気がなによりです
!






お代わりが欲しいな♡








「寅」は毎朝ヨーグルトを食べています。










今日のヨーグルトは特別美味しかったらしく






お皿までなめてしまいそうな勢いです(苦笑)

(いつもと同じものなのですがムラがあります)
























「寅」の視線の先
 

指に付いた『ヨーグルト』がありました。



『おおっ
 ここにもある」という顔に





そんな風に 見えませんか










傍観者で居たかった


                      最近の《しあ》はスズメーズの籠の上で
                   寛ぐことが多くなりました。





以前は「しあ」に攻撃的だった《すずめ》たちも
今はすっかり慣れて
ケージの上に《しあ》が居ても平気になりました。





《しあ》もまた
『すずめ』たちに 興味もないようです。









のんびりと 朝のうたた寝時間の開始です







のはずでしたが










ま〜〜 なんて騒がしいこと





でも 気にならない
 気にしない



騒ぐ声はBGMと思って
寛ぎ始めた《しあ》でしたが











 
二羽の騒ぎは 益々熱が入ってきました・・・












《しあ》は呆れて
こんな顔になりました(笑)








スズメの『ちー』と『カニ』
仲が良いのか悪いのか。。。

良く飽きもしないで

やっています(笑)







NPO法人TSUBASA ヨウムMTB【ヨウム限定里親会開催】お知らせ〜締切日7月20日

 
 
 



 
 
  
関西北部地域の地震にあわれた方
並びにこの度の豪雨にあわれた方のお見舞いを心より申し上げます

 
今年は、梅雨明けが早く、夏がとても早くやってきました。
そしてこの酷暑続きの毎日で、被災された方々のことを想うと、本当に毎日辛い気持ちになります。

一日も早くライフラインが復旧して、通常の生活に戻れますように
お辛い中にも、一時でも癒しを感じられる瞬間がどうかございますように
心より願っております








私の前回の記事の、『ヨウムの絶滅危機について』の記事には、沢山の方々にご覧頂きまして、本当にありがとうございました。
そして多くの方々に転載のご協力を頂きました事に、心からの感謝を申し上げます。
ヤフーブログでは、とっとっとさんに転載頂きました。
ふぇりしあさんには、リンク付をして頂きました。
フェイスブックでは、たろうさ01さんに転載頂きました。
ツイッターでは、ぽんず@ボタンインコさんを始め多くの方々に、リツイート(転載)して頂きました。
インスタグラムでは、バジリコさんにリンク付をして頂きました。
私の稚拙な記事に、多くの方々にご協力を頂きました事を、決して忘れません。
本当にありがとうございました。
 



イメージ 3



 
 NPO法人TSUBASA『ヨウム限定MTB 里親会』
https://www.tsubasa.ne.jp/2018/06/27/ヨウムmtb-里親会/


今回は、私の前回の記事の、『ヨウムの絶滅危機について』の記事の中でご提案致しました、ヨウム限定の里親会が、NPO法人TSUBASAで開催されることになりましたので、お知らせさせて頂きます。

NPO法人TSUBASAは、飼い鳥(インコ・オウム・フィンチ)を飼えなくなった方から保護するレスキュー団体です。
保護した鳥たちの里親探しや、末永く鳥と人が一緒に暮らすための啓発活動も行っています。

又この件は、TSUBASAスタッフの方からも、拡散のご希望も頂いております。
拡散については、フェイスブックやツイッターは、TSUBASAのブログから直接進んで頂きまして拡散可能です。
又は、この記事の下の転載ボタンからお願い致します。
ご無理のないようで大丈夫です。









里親会の開催日迄は、未だお日にちがございますが、申し込み者多数の場合は、抽選となる為、申し込み制になっております。
期日迄に申し込みされないと、里親会にはご参加頂けませんので、お気をつけ下さいね。

申し込みの締切日は、7月20日です。
申し込みの締切日が、迫っております。
ご興味がございましたら、お急ぎの申し込みをお願い致します。


又今回、もし抽選に外れてしまわれた場合でも、又今後も似たような企画をTSUBASAでは企画される予定があるそうですので、どうか次回のチャンスを楽しみに、TSUBASAのホームページやブログを、チェックして頂きたく思います。









それでは今回の里親会に参加するヨウムのプロフィールを少し覗いてみましょう。
みんな可愛いヨウム達ですね。
年齢も様々ですね。
ムータン以外は、みんな男の子ですね。
今回の里親会は、男の子のヨウムが中心です。
写真のヨウム達は、みんな可愛い過ぎますね。
可愛いヨウム達が、優しい里親さんの元で、幸せな、第二第三の鳥生を歩めるといいですね。

こうしてプロフィールを見て、このヨウムに決めた‼と思われて、里親会に参加されても、そのヨウムの里親さんに必ずしもなれる訳ではありません。

詳しくは、TSUBASAのホームページをご覧頂きたいのですが…
里親さんに決定する迄には、数回の受け入れご家族での面談などがあるそうです。
又その後のレポートの提出などもあります。
又里親さんだから、鳥のお代金も無償という訳ではありません。
TSUBASAへの支援金という形で、金額も発生してきます。
鳥のお代金は、その鳥の年齢によって変わってくると伺がっています。





イメージ 13





一見したところ、TSUBASAの上記のような制度は、厳しいように見えるかもしれませんが、里親になるという大変な行為を控えて行うのでから、当たり前なのかな?とも思います。

里親さんになることは、本当に大変なことだと思います。
鳥達にも、以前の飼い主さんとの思い出もあるでしょうし、鳥達にも長年の習慣、癖のようなものもついていると思います。
比較的大型鳥の中では、飼い易いとされているヨウムですが、神経質で賢くデリケートな鳥達も多く、里親さんを悩ませる問題も発生する可能性もあります。

又時には人間の健康被害にも直結する脂粉の量も、ヨウムは凄いそうです。
対策としては、空気清浄機を設置したり、毎日水浴びをさせたりする事で、少しは軽減できるかと思いますが、例えるならば、ヨウム一羽に対して、オカメインコが複数羽いる位の量を、覚悟されるとよいかのかなと思います。









大型鳥の中では、比較的鳴き声も許容できる範囲内とされているヨウムですが、大型鳥の体格ですから、中には大声量の場合もあるかと思います。
鳴き声に関しては、個体差があります。

ヨウムは、おしゃべりが上手な鳥が、比較的多いかもしれませんが、全てのヨウムがおしゃべりできる訳ではありません。
又おしゃべりが上手な鳥も、環境の変化や、年齢を重ねておしゃべりをしなくなったり、デリケートな鳥達には、様々な可能性があります。

賢くデリケートなヨウムは、毛引きをする可能性もあります。
毛引きは、癖のようなもので、病気ではない…と説かれる獣医師もいらっしゃいますが、獣医師でも治せない場合もある毛引きも、知能の高い鳥達、ヨウムには、意外と多く発生します。









又国際条約、ワシントン条約でサイテス1に格上げになったヨウムは、国内では、環境省、種の保存法で、第三者への譲渡の際など、厳しい規制がかかってきます。
環境省へ5年毎の更新制の、登録票の申請を行って頂ければ、第三者への譲渡もできますが、登録票がないのに、飼い主さんが飼育できなくなったヨウムは、動物園と一部の学術施設にしか移動ができなくなります。
又登録票を取得する際には、個体識別措置の義務付けが、6月の種の保存法、法改正により必須になりました。
読み取り可能な三桁以上の脚環や、マイクロチップの装着が、義務付けられています。

この件については、私のこちらの記事中で詳しく説明させて頂いています。
 
ご協力願います!『環境省 パブリックコメント 種の保存法 法改正 ワシントン条約サイテス1』
https://blogs.yahoo.co.jp/eriko5192000/18289623.html









そんな様々な問題もありますが、ヨウムの魅力は、それらの問題?を乗り越える可愛いさや魅力が、お好きな方にはあるのだと思います。
ご希望の方は、この機会に、是非お申し込みをされてみて下さいね。

又今回も、長文になってしまい、本当に申し訳ありません。
TSUBASAでは、里親会は、定期的に行われていますが、今回ヨウム限定の里親会の事を、私のブログでも告知させて頂いている理由は…
私が、前回取り上げました『ヨウムの絶滅危機について』の記事で、TSUBASAから里親としてヨウムをお迎えする事を、提案させて頂いているからです。

前回の記事です。
『ヨウムの絶滅危機について~今、私達にできることは』






世界的大人気種のヨウムは、ワシントン条約サイテス1になってからも、密猟密輸が止まらず、ヨウムの現地、コンゴ共和国でヨウムの保護活動をされている西原智昭さんは、日本人にも、ヨウムの人口繁殖が確立する迄は、ペットショップでのヨウムのお迎えは控えて頂きたい。と警告されています。
ヨウムは、繁殖が難しい鳥種だそうです。
 
ヨウムだけではなく、先進国を中心にペットとして需要のある、珍しい可愛い鳥や動物は、『エキゾチックアニマルの不法輸入』という世界的な問題が、現在深刻になっています。
 
 
 日経サイエンス 2018年3月号」
「野生生物を虐げる不法ペット貿易」
http://www.nikkei-science.com/201803_062.html
 

 






特に世界的人気種で、ペットの需要の高いヨウムは、その需要に対してのブリード、人口繁殖の供給数が合わない為に、野生のヨウムを捕獲するという密猟密輸が、続いてしまっているそうです。
ワシントン条約サイテス1に格上げになったことで、ヨウムが更に高値で取引される為に、密猟密輸は、深刻になっています。
西原智昭さんの報告では、野生のヨウムを20羽捕獲しても、密輸先迄、生き残れるヨウムは、1羽と聞いています。
19羽の野生の密猟密輸されたヨウムは死んでしまう…
ヨウムにとっては、過酷過ぎる密輸の現状があります。

そんな希少なヨウムを、里親さんとして、TSUBASAからお迎えしたらいかがでしょうか?と、私のブログの記事でご提案させて頂いた、丁度良いタイミングでの、TSUBASAでのヨウム限定の里親会でしたので、告知させて頂きました。











ヨウムの保護活動をされている西原智昭さんのクラウドファンディングのページです。
保護されたヨウムの現状もご覧頂けます。

私も同じサイテス1のコバタンの男の子を飼育しています。
大型鳥は、寿命の問題もあり、ヨウムの平均寿命は、約50年とも聞きますが?
中々簡単には買い始めることができない…と考えている方も多く見受けられます。

でも里親さんでのお迎えならば、少し年を重ねた鳥ならば、お迎えする事も可能になりますし、年を重ねた鳥にも又、良い点、メリットもあると思います。
勿論悪い点もあるかもしれませんが…

大型鳥の男の子は、一般的に寿命が長い場合が多く(個体差もありますが、鳥類の男の子は、女の子よりも病気は少なめと言われています)、
更には、鳴き声も女の子よりも男の子の方が大きい場合も多く(個体差によります)、発情期には、大変攻撃的になったりもします。









我が家の大型鳥の男の子、コバタンのりりーは、性格は、デリケートな一面もありますが、基本的にはとても活発です。
大きな嘴での破壊活動は、凄まじいものがあります。
(家が荒らされないように、市販のおもちゃなどを、常に与えなくてはいけません)
飼育には、餌代の他にも、賢いヨウムが退屈しないように、おもちゃ代も必要となります。

色々と記載致しましたが、お迎えする鳥との出逢いは、運命なのかな?とも思います。

TSUBASAスタッフの方は、知識も豊富ですし、アドバイスも適切です。
お迎え後も、引き続き相談にのって頂けるというのは、寿命が長い大型鳥を飼育する飼い主さんには、本当に有り難いことだと思います。

又今回抽選に外れてしまわれた場合は、ボランティアとして、TSUBASAの活動にご参加頂けると、鳥達とも仲良くなれる機会があるかな?とも思います。
TSUBASAでは、ボランティアさんを随時募集しています。
ヨウム以外の里親会は、定期的に行われています。











私は、子供の頃、通っていましたレストランにいたキバタンに憧れて、いつか白色オウムを飼育したいと思いました。
そう思ってから30年以上経過しても、その気持ちは変わることはありませんでした。
寿命の問題、後継者の問題、自身の健康の問題、経済的な問題…
様々な問題が人生にはあると思いますが・・
好きなこと、愛するものがあるからこそ、頑張れる。
生き甲斐になる。
強くなれる。
という考え方もあると思います。
長い人生ですが、強く好きになれるものは、意外と少ない感じがします。
好きだと感じる強い気持ちは、大人になった今だからこそ尚、大切にしていけるといいですよね。









それでは、大変暑い毎日が続きますので
皆様、どうぞお身体を大切になさって下さいね。
長文を、最後迄お読み頂きまして
本当にありがとうございました(^^)






 脂粉拡散防止と毛引き防止の為の、毎日の水浴びは必須です。


記事転載元『コバタンちゃん

ナイス シュート(^^♪


                          《しあ》のボロボロの木箱を見かねて
             新しい大きな木箱をあげました。





バキバキと音を立てながら
勢いよく齧っていきます。



ふと 気付くと



《しあ》の向こう側で


 
忙しなく動く



「寅」の様子に



目が行ってしまいました。








 





は〜〜〜い 
拍手


うまく
ガラクタ入れに飛んでいきました










コップもきちんと片付けて










今日のお片付けは

とても良くできました。





寝る前にケージの中を
いつもこんなに
片づけてくれると嬉しいのですが







私の水入れが("^ω^)・・・ない(-"-)


          《しあ》が「寅」のケージの扉の周囲を



ウロウロ オロオロ 
何やら おかしな雰囲気です。

























これが《しあ》の記憶
の中の『水入れ』です。




 

光ってません、丸くありません(笑)












  












予想はしてましたが・・・


やはり
こうなりました



「寅」の水入れを ピカピカのステンレス
それも
《しあ》には滑って止まりにくい
丸型のボウルに変えました。


水浴びをしようと「寅」のケージに行って
いつもの水入れが見当たらないので
《しあ》は落ち着かない様子でした。



  
慣れるしかないのです
   

  慣れてね《しあ》





100均のおっきなバナナ☆



   大きなバナナ。。。。
みたいなもの











これは 100均で見つけた
バナナを持ち歩くための容器だとか




本物のバナナだったら
到底一人では食べきれないでしょう(笑)





















この後は当然









皮を(^ω^)ペロペロ






私は「寅」のオモチャとして買いましたが
この容器にバナナを入れて
会社へ持っていったら・・・


周りの人たちの反応が楽しみです(笑)










やっと お役御免になりました💗  


         「寅」のケージの「水入れ」「餌入れ」は
         左右から差し込む式の小さな容器だけでした。



           それではあまりにも不自由・・・と (私は苦労性)


                 扉の正面側に
          いろんな容器を取り付けて試してみました。





              
             ま〜〜
 良く集めたものです



サイズを間違って、ケージの桟の大きさに合わなかったり
構造上、取り付けられなかったり
散々試してみましたが。。。。

ぜ―――――んぶ 「寅」に外されて
何時もペレットが床に散乱する始末。


『水入れ』となると、ひっくり返されたら("^ω^)・・・
床は水浸しになりますから、もっと大変です。


            
・・・で 取り付けたのが

                                 
右側の容器「寅」用の水入れです。



この水入れは 私が大事に保管しておいた
初代タイハクオウム《たい》ちゃんが使っていたものです。







時々《しあ》の水浴び用にもなっていますが



でも、年代物のたいちゃんの水入れは
段々汚れが落ち難くなり
このまま使ってていいものかどうか悩んでいました。







と言うことで




『餌用』として試作して頂いた容器を
 もう一個 お願いして製作して頂きました。
ちゃぶ台返しが出来ない様に秘策がしてありますから
さすがの「寅」にも外すことはできません




これでようやく
《たい》ちゃんの「水入れ」を仕舞えます。













仲良し
《ゆう》ちゃんと《たい》ちゃん











《しあ》から苦情がきそうですが
ステンレスのピカピカ容器で
水浴びをするのもまたいいものではないでしょうか(笑)




      

「軍艦島」をご存知ですか? 明治日本の産業革命遺産


             昨日、会社の船に乗船。
          『軍艦島』の 近くまで行ってきました。












 ブリッジでは私からの質問攻め(苦笑)
仕事中に 申し訳なかったです。









航海日和でしたが動画には 
風の音が煩く入ってしまいました
















     小さな海底炭坑の島は、岸壁が島全体を囲い、
    高層鉄筋コンクリートが立ち並ぶその外観が 
軍艦「土佐」に似ているところから
 「軍艦島」と呼ばれるようになりました





















コンクリートのアパートは
風が吹くと
ポロポロと破片が落ちていきそうです。

修復をしているのか
大きなクレーン車が 荷物を吊って作業をしていました。







2時間弱の沖だし試走を終了して
基地港へ帰りました。






NTTの大型ケーブル敷設船『きずな』です。
昨年就航したばかり


ピカピカ

ホヤホヤ










今日は『鳥』たちの話題はありませんでした。




変わり映えしない写真ですが








🎶良いもの♬ 見〜つけた☆



            
  
  
  
  
  



テーブルの上に置いてあったピンク色の包み。

「寅」の『やった――
』の声が聞こえてきそうです。








だ け ど ・・・






泡盛 酔っぱらいケーキ
二日酔いに注意しましょう。。。とまであります。


「寅」さん、それは 

駄目ですよ。



















お次は何を見つけて咥えたのかな












これも沖縄のお土産だけど

食べ物を玩具にしてはいけませんね。













・・・・と言うことで これではまずい
「寅」が夢中になるオモチャを見つけました☆











知恵の輪のように外したり、繋げたり

頭を使って 嘴を使って

今はこの遊びに夢中です。






急に 振り返りたくなって💛


              「寅」は愛知県にある
         『ロロスバードファーム』からお迎えしました。




沢山の大型鳥たちと一緒に
広いケージの中で活発に動き回っていました









本当によく動き回っていました(笑)








この時「寅」は生後5か月。











挿し餌は早々に卒業して
ペレット食になっていました




まだあどけなさがどこかに残る表情

一目ぼれで
その日のうちに お迎えの手続きをしていました






あれからもうすぐ3年を迎えます。


お迎えして暫らくした頃

どーーーーん

体調を崩したことがありました。


『エビ』の時にお世話になった『小鳥と小動物の診療所』で
インターフェロンを使った治療をして頂き

すっかり元気
な「寅」になりました。










今年の4月で3歳になりました

しっかりと成長しています。



お迎えしたころは良く動くだけで(苦笑)
カキカキなんてとんでもないと
逃げ回ったり
 ガブリ

と来たり。

タイハクオウムにもこんな子が居るのだ
・・・と

ちょっとしたショック
を受けたりもしていました。







最近の「寅」は落ち着きも出てきて

私に『おいで―』と言いながら

カキカキをして貰おうと 自分の方から寄ってきます(笑)

















緩いタイムスケジュール💗


                                     
 
 
          写した覚えのない《ゆう》ちゃんの写真









写した時刻は 今日の午前9時16分








心地よさそうに 
食後の居眠りをする《ゆう》ちゃん






この時間は私がアタフタと
鏡の前で
よそ行き顔に変身をしてる時間です











ぐっすり眠る『ゆう』ちゃんを写したのは・・・





所要があって出勤時間をずらし
まだ家に居た息子のようでした。





私がバタバタしてる時間帯は
《ゆう》ちゃんたちは のんびりタイムのようでした。



良いな〜〜

私も一緒に 
のんびりタイムを過ごしたい








いつの間にか。。。変わりました。


                       今朝は 外食で済まそうとした「しあ」です。




ホヤホヤの暖かい『コーン』は格別の味











今日のコーンはいつもと違って
スズメーズのおこぼれではありません(笑)









お腹がいっぱいになって いつものところで一休み

と思ったようですが("^ω^)・・・









『なんだか雰囲気が違う』











想思鳥の《もどき》も
ホオジロの『じろ』も

何時もあった〔鳥籠〕も姿を消していました。




何にもない棚は寂しいので
『コミ』さんから頂いた虫篭を置いています。



《しあ》には何のことかわからないようです。



ね〜《しあ

窓の外から
『じろ』のお友達の鳴き声が聞こえてきますね。







何もできない・・・




   『慈雨』 『恵みの雨』 『好雨』 『甘露の雨』  『喜雨』

    雨に関する言葉を検索すると こんなに美しい言葉が沢山あります。

          
          けれど 一昨日からの『雨』は・・・



         想像を絶するという言葉が虚しいほどの現状に
            自然の脅威を改めて知らされた思いです。













大雨の被災地の皆さま

諦めないで
めげないで

どうぞご無事で。










 

長崎へ帰ります。


ANAが機材整備のため、いつもの便は欠航になりました。

JALに変更して





😅
暗いです

エアコンの効きも弱く。。。蒸し暑い(苦笑)

12時20分発が10分遅れのアナウンスが今ありました。


ま~帰れればいいかと。









話の種に☆





時間の都合をつけて(笑)

行ってきました。


















子どもたちのグループに混じって。













楽しんできました。




















たのしい水族館











シロクマは ひとりぼっちで

淋しそうに見えました。



着きました。 ご褒美❣️

雨は降っていません("⌒∇⌒")





おはようございます。雨のなか…羽田まで



また雨です、



離発着が乱れているようです。

天気だけは
どうしようもないですね。

台風一過 空はこんなに青いのですが("^ω^)・・・




崖の上にいつもは無いものが











崖下から見えていたのは わが家の給湯器の室外機。










昨日の強風に飛ばされて 
こんな状態になってしまったようです




軽いものではないはずなのですが・・・









┐(´д`)┌ヤレヤレ 後片付けが大変です。

(給湯器、使えるかな〜)










昨日は雨戸を閉めたまま
部屋の電気をつけて会社へ行きました。


一日中
外では風の大きな音と 人口の灯りで過ごした
わが家の『鳥』さんたち








窓を大きく開けて
明るい日の光を浴びた途端

《ゆう》ちゃんは嬉しさからか
テンションが上がりっぱなし






水入れの水で
頭からかぶるように水浴びを始めました。










つられて「寅」のテンションも







台風一過

お日さまの有難さを
再認識した朝でした。







《ゆう》ちゃんと《しあ》の共通点(^^♪




《しあ》が覗きこんでるのは「寅」の餌入れです。









「寅」が食べ残したシードが
《しあ》には特別なものに見えたのでしょうか












《しあ》と「寅」では
シードの種類も大きさも違います。

《しあ》の嘴で コーンの粒や、カボチャの種は
なかなか手強いと思います








("^ω^)・・・・・「寅」のものは
何でも気になる《しあ》でした。















《しあ》が「寅」のケージに侵入して
好き勝手をしている間




《ゆう》ちゃんは「寅」が齧った
オモチャのカケラに夢中でした











《しあ》と『ゆう』ちゃん
どちらにも
「寅」の存在が見え隠れしてますね(笑)









振出しに戻る☆


                               3日間だけの同居を経験した2羽









別居生活で何か変わったところは・・・

















相変わらず1羽だけが 激しく




囀り続けてますが














別居しても
この関係に変わりはないようです(笑)















台風が接近中です。
雨音が徐々に強まっています。







こうなる予感(笑)


            100均で買った寅用オモチャ

           これは何だったか・・・忘れました



留め具のところを分解して外すのが
「寅」の得意技です。







今日の技は。。。見ものです









タイハクオウムって

これがあるから目を離せません(笑)












この日は最初から
やる気(変身)満々の様子でした




凄く気合が入ってるポーズに
見えませんか