FC2ブログ

とっとっとの部屋 想い出がキラキラ

「ふれあった動物がエサになる 残酷な『園内リサイクル』」


 
 
2014/2/19 の記事ですが、投稿いたします。


朝日新聞dot.より転載


ふれあった動物がエサになる 残酷な「園内リサイクル」



週末は親子連れでにぎわう「なかよし広場」。
「動物愛護法違反にはあたらないと考えている。
ただ、『園内リサイクル』というのは不適切な言葉だった」
(横浜市の松嵜尚紀・動物園課長)


 子どもに命の大切さを学んでもらう。そのために、犠牲になる動物たちがいる。ふれあい動物をエサにする、横浜・野毛山動物園の実態とは。

 JR桜木町駅(横浜市)から歩いて約15分、坂を上りきった先に横浜市立野毛山動物園はある。規模の小さな動物園だが、2012年度には99万人もの入園者があった。

 その園内に、小動物とふれあえる「なかよし広場」がある。主に子どもたちが、動物との接し方や命の大切さを学ぶために、設置されているという。だが、ふれあいに使われた動物たちがどんな運命をたどることになるのか、子どもたちに説明されることはない。


「園内リサイクル」

 職員がそう表現する現実が、動物たちを待っているのだ。リサイクルとは、ほかの肉食動物のエサになることを意味する。横浜市動物園課担当係長の恩田英治氏はこう説明する。

「弱っているもの、病気やケガで治療しにくいものをエサにする形で活用しています」


弱ればエサになるハツカネズミ。ヘビの生き餌になることも

「活用」されているのはモルモット、ハツカネズミ、ヒヨコ。モルモットは年100匹前後が、ハツカネズミは年数百匹が、それぞれコンドルなどの猛禽類やアオダイショウなどのヘビ類に与えられる。またヒヨコは、生後3週間程度まで育った個体から順にすべて(年約2500羽)が、タヌキやテンなど中型哺乳類のエサとなる。



ヒヨコは、エサにできる大きさまで成長したら殺される


「ヒヨコはもともとエサとして仕入れている。小さい状態で納入されるので、成長するまでの期間を、ふれあい動物として使用している」(恩田氏)

 ヘビには「生き餌」として与えられる。それ以外は、職員が地面に頭部をたたきつけたり、首の骨を脱臼させたりして、殺してエサに。ふれあい目的で飼育している動物をエサにすることに、問題はないのだろうか。

「人道的な方法で一瞬で死ぬから苦痛はない。公表はしていないが、大人の来園者に聞かれたら説明しています。食育につながればいいと思う。今後もこの状態を続けていくつもりです」

 同園の松本令以飼育展示係長はそう話すが、動物園として異常な運用であることは明らかだ。都立の四つの動物園と水族園の事業運営を担う東京動物園協会の広報担当者は驚きを隠さない。

「そんな事例は、ちょっと聞いたことがない」

AERA 2014年2月24日号より抜粋



※2015年8月時点では、餌として仕入れたヒヨコのふれあい動物としての展示はとりやめているそうです。




画像をクリック
 
応援よろしくお願いします

にほんブログ村「元捨て犬・元保護犬」に参加しています 

携帯の方はこちらをクリック
 応援よろしくお願いします
https://dog.blogmura.com/dog_motosuteinu/
 
「犬を飼おうかな」「二頭目を考えようかな」と思われる方、
保護犬という選択肢もあります 


転載元: 華咲け! もも桃モモチー♪ と まりんまりん❤

スポンサーサイト



暫くお待ちください



          毎朝私の肩に止まって過ごす「しあ」ですが
          最近は うまくすると
手の中で寛ぎます。


       頭や耳の下,顎などを掻いてあげるとうっとりとしています。



           カキカキのために両手が塞がるので
         『手』の中の「しあ」の写真はまだ写せていません。
             (助手のカメラマンが必要ですね
)











        今日も こんな写真でお茶を濁しておきます

              

考える「しあ」



          



             今日もネタ切れ状態です(笑)


            考える「しあ」に見えますか



食欲の秋・・・・・でなくても☆

                                 食事時になると『しあ』は
        ソワソワ、ウロウロと落ち着きがなくなります。






          何か美味しいものが落ちてないか・・・・
      
       どうやら 悪い癖をつけてしまったのは私のようです

            
             主人が食後に薬袋を取り出すと
       美味しいものが出てくると思うのか 薬の袋で遊びたいのか
        『しあ』は張り付いたように主人の前から動こうとしません。


              

          今日も食卓の上でウロウロしていました。
    息子からコーンを貰って食べましたが、あまり好みではないようでした。





            ( テーブルの上の薬の袋はカラです。)





                                     
毎回この調子です








 
夕方少し遅い時間に帰宅すると
   草むらから様々な虫たちの声が聞こえてきます。


  
            
              《秋》を感じる一瞬です。




可愛い『くまモン』

         熊本に出張してる会社の人から
       
可愛かった
ので添付して送ります・・・・と

              メールが届きました。






            可愛い『くまモン』のブイ。







             漁師さんのご自宅のようです。


               こんな《ブイ》が
           海面に浮かんでいたら楽しいことでしょう












           『くまモン』に負けないようにと
          『しあ』の写真を丸く仕上げてみました。



       「ブイ」というより・・・・・・串団子
みたいですね(笑)

鳥それぞれ

          忙しすぎて 写真がありません。



        昨日の《出ては見たものの》の続きです。






ケージを棚に戻しても
同じ場所でロープを齧っていました。






『ゆう』ちゃんがそれで満足なら
私は何も言うことはありませんが・・・・





スズメーズの様子です。







元気が一番

出ては見たものの・・・・・

          ケージを洗いたくて『ゆう』ちゃんを
          ケージの中から出そうとしましたが



    
     何かされる
と警戒してるのか なかなか外に出ようとしません。











        大好きなおやつに釣られて 渋々ながらケージから出ましたが
          床には下りたくないしく 上ってしまいました。










緊張を解すため 好きな「リンゴ」をあげましたが
ご覧のとおりの顔













では『玩具』
では

  

  

やっと 気分が落ち着いたのか遊び出しました。













この様子を見ていた息子が言いました。


『籠の中でも外でも することは一緒だね






確かにそうですね






 結局ケージは洗えないままでした

ロロスバードファームの子達



          白色の大型鳥さんが整列していました。







           下でも幼い子達がひしめき合って





         歓迎の 賑やかな鳴き声を聞かせてくれました。



いちばん手前の子の雛鳴きの様子に
『エビ』のことを想い出してしまいました。








    『アカビタイムジオウム』の実物に
初めてお目にかかりました。

            写真や動画を見る限りでは
        なんとも個性的な顔をした鳥・・・位の印象でしたが
          
         何度も、何度も握手をねだる愛嬌たっぷりの仕草に
            



  参ってしまいました
          



           挿し餌が一日2回の子、ひとり餌になった子
         ひとり餌になって欲しいのに、まだ挿し餌を欲しがる子等

        生後2か月から半年くらいの子が大半でした。
          ( それ以上になる接客が得意な子もいたようでしたが
)
           
             日当たりのいい鳥小屋の中で
        いろんな種類の幼鳥たちが それぞれの居場所を確保して
       団子状になっているところなど 興味深いものがありました。

             

元気、元気すぎるほど!


『ロロスバードファーム』の

タイハクさんに会ってきました



4月23日生まれ。

現在5ヶ月目ホヤホヤの男の子です。





何でもかじりそうな嘴は
脂紛で真っ白でした

招き猫


中部国際空港の

手荷物受取所に飾ってありました。


招き猫の生産日本一!


初めて知りました。





今日は愛知県へ日帰りの予定で来ています。

やせがまん・・・ ではないのよ。



































『ゆう』ちゃんはコーンが大好きです。

ケージの周囲に
 皮をいっぱい飛ばしながら食べます。




『しあ』はコーンの中身だけを
ほんの一口か二口しか食べません。

水分たっぷりの物が
『しあ』はお好みのようです。




青空の下




長崎県、五島市の沖。

今日は作業の現場に来ています。

テキパキと、手順よく作業が進んでいきます。

とりとめのない日



                              『雨』が降った日の翌日は
          一段と畑の雑草が大きく伸びたように感じます。

          雑草・・・・と一括りに言ってしまいがちですが
             
              私が名前を知らないだけ

           ピンクの花をつけた草の名は何でしょう





            慌ただしく連休前の一週間が過ぎました。

              忙しすぎてポカの連続でした







              今日は何にもしたくありません。

               『しあ』を肩に止まらせたまま
        録り溜めていたビデオを見て半日が終わろうとしています。













初めて畑で収穫した《イチジク》



 


美味しそう
な色をしていましたが熟れ過ぎでした。
その割に『甘さ』は無し

楽しみにしていたのですが残念でした。

【緊急】 ベルを助けて! 【転載希望】

群馬の友達からの情報です。



バセットハウンドを飼っている飼い主さんが癌を患い、余命を宣告されています。

それによって、とても大切に育ててきたベルちゃんを保健所に連れて行くしかない状況になっています。

飼い主さんは、今も重なる苦しみと戦いながら
ベルちゃんに愛情を注いでくれる里親さんを探しています。

29日に里親探しの為に保健所に連れて行く予定になっています。

もし里親さんが見つからなかったら、殺処分の可能性が高くなることが予想されます。

時間がありません。

ベルちゃんと飼い主さんを応援して下さい。

あなたの力を貸して下さい!!

みんなの力があれば、きっとできる。
イメージ


イメージ


イメージ



群馬県太田市

バセットハウンド

女の子

11歳

予防接種済み

避妊手術はしてません

持病なし






追加の情報があったら追記します。

どうかこの記事を拡散して下さい。

友達に会ったらこの子の話をして下さい。

必ず名乗り出てくれる人が見つかります。

ご協力よろしくお願いします。

遊びも真剣に

                    「ゆう」ちゃんのケージに大物の玩具を下げました。









早速、遊び破壊作業を開始した「ゆう」ちゃん。










ここで 面白い性格を見せていました













思い通りならないと・・・・・自分の肢をガブッ



まるで人が しっかりしなさい
自分の頬をパシッ
とする様な仕草です。











真剣な表情で 作業を進めています


いつもの遊び
















紙を被ることがなぜ楽しいのか・・・












「しあ」に聞いてみましょうか


手の中の「しあ」

    
 私の手の中でうっとりする「しあ」















もっと沢山写真はあるのですが

何せ 私の手が・・・・汚い
 アップに耐えない・・・



仕方なく汚いところを加工して 一枚だけ








「ちび」と一緒に遊んでいた頃の「しあ」は
私の肩にとまることは滅多にありませんでした。

『手』の中でうっとり
なんて 想像もつかないことでした。


「ちび」が☆になってから一年半。
「しあ」は少しずつ私たち家族に近づいています。


穏やかな顔の「しあ」を見るにつけ
嬉しい半面、ちょっと可愛そうな気もするのです。


アッ !




                         パソコンの中に自分を見つけた「しあ」















ひと騒ぎしてました(笑)


お願いのお知らせが届きました。

【お願い】
TSUBASAとして、いや鳥関係では初めて四国でセミナー
を開催します。BLA3級の講座です。
ただ、まだ応募が少なくて、開催ができるどうか微妙な
感じになってきました。
もし、お知り合いの方がいらっしゃいましたら是非、ご紹介
をしていただけたら嬉しいです。

バードライフ・アドバイザー認定講座(3級)

集中講座開催のご案内         

====================

いつもありがとうございます。

「バードライフアドバイザー認定講座」とは?

もっと鳥のことを「知りたい」、「学びたい」、「研究
したい」。
また、「今の飼い方でいいのかな?」、
「この子(鳥)は今、幸せなのかな?」
と、悩んでいらっしゃる方も多いのではないかと思います。

バードライフアドバイザーは鳥(フィンチ、インコ、オウム)
に限定した認定講座です。

そのコンセプトは次の通りです。

3級:愛鳥と私が幸せになる
2級:愛鳥と私と貴方が幸せになる
1級:愛鳥と私と貴方と社会が幸せになる

3級ではご自分の愛鳥さんの健康を守り、人も鳥も幸せに
なることがテーマです。
そして2級では身近な友人や知り合いが悩んでいたら、
一緒に解決し、幸せになってほしいと願います。

2級、3級を持っていらっしゃる飼い主さんの鳥達は幸せ
ですが、そうではない鳥たちがたくさんいます。
特に何日(何ヶ月?)も掃除をしないペットショップの
鳥達や、明らかに虐待をしている飼い主など、目を覆う
ような状況の鳥達が身近にたくさんいます。
1羽でも多くの鳥達の尊い命を救い、幸せになるためには
どうすればいいのかを一緒に勉強していくのが1級です。

「バードライフアドバイザー認定講座」は始まったばかり
なので今は3級だけですが、順次2級、1級の講座も開講
していく予定です。

「人、鳥、社会の幸せのために」多くの方が受講されることを
心からお願い申し上げます。

           
             

================== 
【愛 媛】受付中!!
 
日時:11月21日(土)11:00~16:00
 
会場:愛媛県総合社会福祉会館(予定)
 
募集:30名様(定員になりましたら締め切らせていただきます)
受講料:5,000円(会場でお支払い願います)
 
================== 


【ご参考】

3級取得者数:252名(9月12日現在)

 
               
 







 家族としての「鳥」さんとの付き合い方などを
私は福岡で講座が開催された際に学ぶことができました。
「鳥」さんのために学びたいという思いの人が
沢山参加されていたことが
「鳥好き」にとっては何より嬉しいことでした。






お申し込みの詳細はこちらまで
http://tori-g.jimdo.com 

『しあ』の謎の行動


『しあ』がどこに居るかわかりますか?



ここは二階への階段を上ったところ。


手すりの奥から手前に移動しながら
何か探し物をしていたようです。






やがて







大きな目がきらり
と輝き








こんなところでポーズを決めていました。





何を見つけたのでしょうか





ポーズを決める前の『しあ』の様子を
時間を遡ってみてみましょう。






植木鉢の中を何度も覗きこむ『しあ』

興味を引くようなもの・・・・・とは。

土しかないはずです





『しあ』が歩いて回ってた
植木鉢のほこりは気になりましたが








それはそれとして
ボタンインコウォーク

楽しんでいただけたでしょうか







何でもない日常から



雑草だらけの畑の中に
白い彼岸花が顔を出していました。

夜になると虫の声も大きく聞こえてきます。



季節が変わってきたことに
 『目』と「耳」が感じるようになりました。









背中を丸くして
  『しあ』も秋を感じ始めたのでしょうか。。。。







いえいえ
そんな風流な『しあ』ではありません(笑)

主人の肩の上で眠くなった時のポーズです。

安定感があって、止まり心地がいいのでしょう

飼い主さんが見つかりました☆

sin@EARTH⚛@Ta26610219Ta 22 時間22 時間前
sin@EARTH⚛さんがリツイートしました sin@EARTH⚛
犬の飼い主さんが見つかったそうです‼︎拡散して下さった皆様ありがとうございました‼︎
sin@EARTH⚛さんが追加

「台風で流されてきた犬が保護される 飼い主に届け…!人々の思いが連なる」


 
 

grapeより転載







2015年9月9日、愛知県豊橋市で、台風の影響により川に流されてしまった一匹の犬が消防士に救出されました。

黒い首輪がついているので、飼い犬の可能性が高い犬です。

飼い主さんにこの犬が保護されていることが届くように、呼びかけのメッセージがTwitterで投稿されました。このツイートはたくさんの人々によって拡散されています






          Fuji_sang @Fuji_sang
台風で犬が流されて来て、消防に助けて頂きましたが保健所に行くことになると思います。見つかったのは豊橋飯村の豊和食品さん裏の放水路です。殺処分は避けたいので皆さんシェアして頂けると嬉しいですm(_ _)m #豊橋 #迷い犬


現在このワンちゃんは、豊橋市の保健所に収容されているそうです。





保健所のHPに、問い合わせ方法などの記載があります。飼い主の方に心あたりがあれば、ぜひ教えてあげてください。



たまたまこの犬は優しい人に出会い、多くの人の目に触れる機会がありました。ただ、この犬以外にも、家族とはぐれて悲しい結末を迎えてしまうことになる動物も多くいるはずです。

せめてこの犬は、家族のもとに無事戻ってほしい…! そう強く願います。
そしてこの犬以外にも、一匹でも多くの動物たちが救われる手段として、SNSが優れたツールとして役立ってくれたら。それはどんなに素敵なことでしょう。





画像をクリック
 
応援よろしくお願いします

にほんブログ村「元捨て犬・元保護犬」に参加しています 

携帯の方はこちらをクリック
 応援よろしくお願いします
https://dog.blogmura.com/dog_motosuteinu/
 
「犬を飼おうかな」「二頭目を考えようかな」と思われる方、
保護犬という選択肢もあります 


転載元: 華咲け! もも桃モモチー♪ と まりんまりん❤

美味しい顔♡












       美味しい季節がやってきます

    









          大雨の被害に逢われた地域の皆様に 
            心からお見舞い申し上げます。


愛の水中花のメロディーで♪

                                          これも「しあ」















あれも「しあ」














たぶん「しあ」










「皮膚炎のせいで殺処分が決まっていた野良犬、生まれ変わった姿に感動」


 
 

grapeより転載







皮膚炎のせいで、殺処分されると決まっていた1匹の野良犬。

その雌犬は、シェルターから発見された当時、体は寄生虫と炎症で毛がほとんどない状態だったそうです。特に顔の部分の炎症がひどく、気力がとても弱まっていました。





幸い彼女は、動物保護に関する活動を行っている非営利団体「ベット・ランチ(Vet Ranch)」によって、殺処分から救われます。彼女はそこで「クリスティー」と名付けられました。

クリスティーはベット・ランチに運ばれた日、獣医師にきれいに洗ってもらったとたん眠ってしまったそうです。痛む体をして、ずっと外をさまよっていたクリスティー。殺処分から救われたことに気付き、安心したのかもしれません。

そしてベット・ランチはその日から、クリスティーの皮膚炎の治療を始めました。





その後、9週間の薬物治療を受け続けたクリスティーは、すっかり完治しました。


体も性格も元気になっていくクリスティーを撮影した動画



恐怖に怯えていた最初の姿は嘘だったかのように、最後にはとても元気よくはしゃいでいましたね。クリスティーの楽しそうに走り回る姿に、とてもほっとさせられました。

ベット・ランチはクリスティーの他にも、助けた動物たちの様子や治療過程を撮影し、その動画を募金運動や里親を見つける手段としてネットに広げています。

今のクリスティーはベット・ランチで、新しい里親を待っているそうです。近いうちに、クリスティーを大事にしてくれる家族が迎えに来ることを願います。






画像をクリック
 
応援よろしくお願いします

にほんブログ村「元捨て犬・元保護犬」に参加しています 

携帯の方はこちらをクリック
 応援よろしくお願いします
https://dog.blogmura.com/dog_motosuteinu/
 
「犬を飼おうかな」「二頭目を考えようかな」と思われる方、
保護犬という選択肢もあります 


転載元: 華咲け! もも桃モモチー♪ と まりんまりん❤

齧り隊





      「しあ」と『ゆう』ちゃんは 仲良く齧り隊を組みました。




















               疲れるはずです

          「しあ」は何時も大物狙いをしています(笑)




             「しあ」が齧っている大物は













『ゆう』ちゃんと同じものがいいのかと思って
 齧り掛けの木のブロックを上げたのですが・・・

無視でした

ボウシインコの「ゆう」ちゃんは


久しぶりに 狭いケージから解放されました。





              で、行った先はここ。





外に下がってる『ゴーヤ』の実が気になって。。。。














ま~ 「ゴーヤ」は好き好きでしょうね。





それより

「ゆう」ちゃんこちらは如何ですか











「ゆう」ちゃんが目の色を変えるおやつです。


ラフィーバー
アヴィケーキ マコウ













いつも行く《花屋》さんに
珍しい植物が売られていました。






『ウツボカズラ』です。





育て方、管理の仕方はこれから学びます





まいど ありがとうございます☆


        毎朝、『しあ』たちの餌を入れ替えるとき
      エサ入れに残ってたシード類を 外すずめたちにあげています。

           今朝は土砂降りの朝になりましたが
         それにもめげずに『餌場』の近くで雨宿りをしながら
             朝食の時を待っていたようでした。







土砂降りで『餌』を上げられないかと心配してましたが
あっという間に『雨』は上がり
お日様が顔を覗かせてきました



それを待っていたかのように
外すずめたちはエサ場に舞い降りてきます。










スズメの数が増えるに従って
エサ場の取り合いで小競り合いが始まります











いったいどのくらいの《すずめ》がいるのか





しっかりと目を凝らして数えてみてください








動画ではなかなか数えられない方用に
 










毎朝、窓から見ていると
これくらいの数の《すずめ》が
一斉に空から降って
きます。


何かに驚いて飛び立つときは
一瞬のうちに
消えたかと思うほど素早く飛んで
いきます。



雨の日も風の日も

   元気な姿を『毎度ありがとうございます

鳥好き好み

私の肩にとまる『しあ』を見ると
《シード》と何やら緑の物体を嘴につけていました。







息子に急いで『写真を写して』と言うと


『こんなとこを写してどうする
』と聞いてきました。






           こんなとこ








              『鳥好き』にとっては

               
こんなとこ
      
     たまらなく可愛く
思える
のです






『鳥好き』のはずの息子ですが
その域までは達してないようです

雲がいっぱい








今帰りの便に乗りました。


バタバタ状態の出張でした





今日は雲の中を飛ぶのでしょうか。

揺れるかな




鳥になった気分で
窓の外を眺めていましょうか。

お留守番





これから横浜まで行ってきます





今日は仕事です





《しあ》《ゆう》ちゃん

仲良く留守番していてね

荒れています(・・;)

    
   


         この何日間か 空模様がすっきりしないせいか

        「ゆう」ちゃんのご機嫌もあまりよくありません。












             
             気分が だれてるようでした

             







           投げやりな
「ゆう」ちゃんでした。








           そろそろお日さまが恋しいですね

懐かしい『♡エビ♡』






『エビ』の写真を見ていたら

こんな可愛い仕草の動画を見つけました。












窓の外に、作業をしている主人を見かけ
関心を持って欲しくて・・・

『こっち見て
私の方を見て
』ってしてたのに・・・

主人は知らんふり










本当に可愛い『エビ』でした