FC2ブログ

とっとっとの部屋 想い出がキラキラ

本当にお別れです。





              7月は今日で終わり。
       
             毎日『エビ』の体重と
          パウダーフードの給餌量を記入していた
          月めくりのこのカレンダーともお別れです。












                7月の当初には
        体重が500グラムまで行ってた日もありました。

             お別れする日の何日か前には
        元気な声が外まで響いてるのを聞いたこともありました。

               最後のわずかの間でしたが
             タイハクオーム独特の仕草をして
          私たちを喜ばせてくれたことは忘れられません。


        
  





           そっと『エビ』の様子を窺う私に気付くと
           大きな口をあけて鳴き声を上げながら
               私の傍に寄ってきました。


               
                その様子が楽しくて
             息子とふたり笑いあったものでした。



             動画は、虹の橋を渡る2日前
            その時の『エビ』の様子です。





まさか 『エビ』が
私たちの元から居なくなるとは思っていませんでしたから
こんな動画に仕上げていました。







去ってゆく前に 一瞬の眩しい灯りを
『エビ』は 
  微笑ましい想い出として残していきました。


スポンサーサイト



うっかり・・・・・(・・;)

                               ブログのお友達
       「ぴーちゅ」さんや「あきら」さんの量には負けますが(笑)

          「ゆう」ちゃん用の玩具が届きました。






「ゆう」ちゃんは ロープが大好きです。






堅く結んである部分を
集中して齧り解こうとしています。














「ゆう」ちゃんばかりにカメラを向けていたら

横から「しあ」の熱い
視線
を感じました。









うっかり「しあ」の様子を撮るのを忘れていました

ごめんね


「しあ」用の『玩具』も忘れてた~

m(__)mごめん・ごめんねm(__)m


なんとなく さりげなく




朝の挨拶の時間です。








仲良しな2羽・・・という訳でもありませんが

 毎朝がこんな風に
  さりげなく過ぎています。










物足りなかったり イライラするときの「ゆう」ちゃんは
玩具を揺らすことで
  気分転換をしているように感じます







これは 何とも 有難い玩具です
    

     私もこの手のものが欲しいな・・・・(苦笑)

マイペースで元気☆


                            最後の日まで『エビ』が見ていた餌場に
           今日も『スズメ』たちが来ています。



外の『スズメ』たちは元気いっぱいです。








我が家の保護スズメ「めー」と「ちー」も

とても元気です。






左が「めー」13歳   右が「ちー」3歳です。


若い「ちー」と10歳の年齢の開きなど
全然感じさせない「めー」の元気さは

お見事です














お歳なので念のため
夏でも小さな暖房をつけています。




いつも同じ言葉で締めるようですが

うんと、うんと長生きをして
ギネス登録を目指してね


時を待ちます

                               『エビ』にパウダーフードの給餌をする時

              「ゆう」ちゃんと「しあ」が
           いつも羨ましそうに、欲しそうにしてたので

          少しだけ余分に作ってお相伴させていました。




  



               「ゆう」ちゃんは 
         初スプーンに何の抵抗もありませんでした。







            
             『エビ』が居なくなってから
          こんな光景は もう見ることはありません。















             「ゆう」ちゃんの横にあった
        『エビ』の大きなケージを別の部屋に移動しました。
          
          「ゆう」ちゃんがまだ寝てる(はず)の早朝、
        空いた棚の場所に小さなケージをそっと載せました。

             
        一昨年の3月、「たい」ちゃんが☆になってしまった日から
          ケージの中の「たい」ちゃんの姿を探すように
         何日も「ゆう」ちゃんの切なそうな鳴き声が続きました。
            
                 夜になると
           床に降りて「たい」ちゃんが隠れていないかと
        覆いをかけた「たい」ちゃんのケージに呼びかけていました。

         とても寂しそうな「ゆう」ちゃんを慰めることといったら
         話しかけること、気分を換える玩具を与えること・・・
               でも 限界を感じました。

    「ゆう」ちゃんに穏やかさを取り戻させてくれたのは「時間」でした。
         




                そして・・・・

         『エビ』がやって来た日の「ゆう」ちゃんの表情は
              懐かしそうな、嬉しそうな
      『長いこと、どこに行ってたの』と言ってるように見えました。




       また暫く「ゆう」ちゃんには辛い日が続くのかもしれません。

            ケージを片付けること一つにしても
             なかなか難しいことですね。
               
                
                           

「しあ」の手巻き寿司


                           



 
こんな風に 巻かれるのが好き












          そして 頭をカキカキされるのが

              

もっと好き








    食べたくなるほど可愛い『しあ巻き』です

 


おくりびとのように





昨夜遅く 「あきら」さんから
『エビ』のためにと
白い花籠が届けられました。


ブログで使った『エビ』の写真を
 フォトスタンドに入れていた時でした。







小さい方の《エビのケージ》
上まで登るコツを覚えたのが嬉しかったのか
 何をするでもないのによく登っていました。

そのケージに
写真を飾りました。
 写真の横に頂いた花籠を供えました。


いつも《エビ》がいた《ケージ》の前に
小さなケージを並べました。










☆になった子たちの写真の中に
『エビ』の写真も飾りました。










『エビ』と別れをするために

ひとつ、一つの事柄を進めていくこと。


それは
私の気持ちの中に
    諦めと納得とを詰め込んでいくような作業です。





もう少しだけ
しなければいけなかったことが
   何かあったような気がするのですが。。。


可愛い天使







『エビ』の仕草は私たちの和みでした。






我が家にやってきた天使










想い出をいっぱい残して





大空へ羽ばたいて帰って行きました











7月22日
『エビ』を3月15日にお迎えしてやっと4カ月。

その日から今日までのブログを読み返しています。
毎日が『エビ』の闘病の記録のようになっていたことに
私自身が驚いています。

我が家に来て以来
ずっと体調に波がある子でした。
一週間として
絶好調が続いたことはなかったように思います。

昨年長崎に小鳥の診療所が開院されました。
通院して以来、体重測定と給餌の量の記録を始めました。
毎日のように「糞」の写真を撮ったものが残っています。
消化器系統が弱い子でした。
もし診療所が無く
これまでの動物病院での治療しか受けられなかったら
『エビ』は4カ月という時間すら
私たちと一緒に居られなかったのかもしれません。


『エビ』は
数字では表せないほどの充実した時間を
私たち家族に残して飛び立ちました。


   「寿命」・・・・・長さではないと自分自身に言い聞かせました。








まだ・・・





気持ちの整理がついていません。


覆いをかけた『エビ』のケージが気になるように
「ゆう」ちゃんは床に降りて覗きこんでいました。


「しあ」は何時もの通りです。




昨日の出来事が「悪夢」としか思えないまま
昨夜は眠れませんでした。




ただ どんなに手を尽くしても
哀しい子が居ることを
 改めて知った思いがしています。


突然

             『エビ』が今日の夕方

            虹の橋を渡ってしまいました。




         来月初めて迎える誕生日を待つことなく

           私の腕の中で逝ってしまいました。


あ・あ〜~〜(;´・ω・)



おとぼけ顔の《エビ》の足元には・・・









 糞に交じるように
 ポイ捨てされた「ペレット」が固まって見えます。


う〜~〜


『餌屋』さんの回し者ではないでしょうが
捨てる
、捨てる。。。。



診療所に「
」を持参して調べて頂きました。

まだ
消化器系の粘膜が少し剥がれているそうで
 粘膜保護のお薬をいただいてきました。


ペレットをくわえても 食べられないのは
 そのせいかもしれません。


 ポイ捨てが
 一日も早くなくなりますように







大人になりました。

                                   仲良しの《ちび》が☆になって以来
                『しあ』は少しずつ
           私たち家族との距離が縮まってきました。
    
              『エビ』をお迎えしたときは
       『しあ』に変化がないかが心配でしたが杞憂に終わりました。
            

             
          初めの頃見られた《エビ》への挑発も姿を消し
          特別焼きもちを焼くこともなく過ごしています。






             近頃は 噛むこともなくなり
          私の膝の上で 甘えることを覚えました。

                



     首の後ろ、耳のところ、頭の上の方・・・カキカキタイムです





          
          可愛い 大人の『しあ』になりました。





 
                                          嬉しいことです

錯覚!?





              先日写した写真です。





                           『しあ』が大きくなったのか

           『エビ』が小さくなったのか




             どちらでしょうね。




今日はまた《エビ》は
パウダーフードを食べすぎ(与えすぎ)たのか
    静かです

私の顔を見ると
ノイズのような鳴き声で何かを訴えます。
鳴き声を出すエネルギーはあるようなのですが・・・・







お腹が空いてるときは
これがもっとすごい調子になります。

声だけを聴くと少し怖いです(笑)




にぎやかになりました☆

                                   





                                      昨日《ゆう》ちゃんにあげたオモチャは
               まだ原形を留めていました


             


        おもちゃの写真を ケージの扉を開けて写してたら




ササッと ケージから出てきた《ゆう》ちゃんです。

『エビ』がそれを見ていました




大合唱が始まりました(笑)






  
  
  
  
  
  
  



やっと静かになりましたが













『エビ』の鳴き声は元気になった証拠なのでしょう。

鳴き声・・・エビの声は少々意外でした
(たいちゃんの時には経験したことが無い鳴き声です)


とにかく元気いっぱい叫んでいます

集中力

                                   玩具をネットで購入しました。




               これだけあれば

        「えび」は 当分の間大丈夫です。

        「ゆう」ちゃんは・・・・一週間ももちません









何もかも
綺麗に齧ってしまわないと納得しないのが「ゆう」ちゃんです。










              











             今日、仕事から帰った時
         『玩具』の原型が留まってるかどうか・・・
 




             さ~て どうでしょうね
     

いや~ 参った(・・;)な


                                       今朝の放鳥時間 
         「しあ」と『エビ』が鉢合わせしました。





           『エビ』専用のケージの上に
         「しあ」専用の止まり木を置きました。









          ニッコリ笑ってるように見えた『エビ』






















「しあ」は付き合い切れないと思ったのか

ひゅっと 飛んで逃げました(笑)






          昨日から驚く位元気に鳴き声を上げています。

             初めて『エビ』を見た人は
            
 
 
 となるかもしれません


                 

             これでも出して・・・と
           甘えてるつもりなのだと思います(笑)

逞しくあれ

                                  ケージの覆いを外すと
          『エビ』の寝起きの頭にホワ毛が




             まだ 寝ぼけ顔です(笑)







               朝一番に体重を量ります。

        ざるを体重計に置いて『エビ』の体重を確認しています。





                今朝の体重435㌘

            なかなかこの数字から増えていきません。

            今日は診療所で「
」を検査して頂きました。
               
             悪い菌は見当たらなくなってるので
               《抗生物質》の投薬は終了です。

             但し、まだ栄養の吸収が少し良くないので
              『胃腸薬』を処方されました。

                  苦いそうです


気分よく♪

                      やっと部屋の中を歩いて回る気になった《エビ》です。



            通院用の《キャリー》を発見




嫌がって逃げるかと思いましたが
 平気な顔で 横の窓を齧っていました










息子の足元に近づいて
頭を掻いてのポーズをしたら






足の指でカキカキをされてしまいました。




それでも『エビ』は
気持ちがいいから
なんだとか(苦笑)




足は・・・・


ね。

静かな夜に・・・


                                   下の写真は先週の土曜日
            7月4日の『エビ』です。

    パウダーフードを飲み込まないで、ボトボトと吐き出しています。



              

            次の朝もあまり食欲がないようで
          夕方になって診療所へ連れて行った次第です。

       『エビ』のおなかの中でまた、悪玉菌が暴れていました。


               1週間が過ぎました。
                投薬のおかげで
        今日は元気な声で叫ぶこともできるようになりました。






           3か月続けてきた飲み水に溶かす《強肝剤》を
       そろそろ止めてみようか・・・ということになってましたが
            体調がまだ確実に良くなったわけではないので
       もう少し続行ということになり昨日は『薬』をいただいてきました。


        日曜日の診療所は、小動物や『鳥』の診察に来た方と
              一緒になることがよくあります。

            待合室の男性の前に置かれたケージの中に
               『うさぎ』が見えました。
           私の後にも『うさぎ』を連れたご夫婦がみえました。

          しばらく待つと、 目をハンカチで押さえながら
            『モルモット』が入ったケージを抱えて
             女性の方が診察室から出て来られました。

          つい最近、一緒に飼っていたモルモットが☆になり
           残った子も、その子と同じ症状になって・・・・と
           不安そうに、切なそうに話してくださいました。
                   

            ☆になった子を診てもらった動物病院でなく
               げっ歯類を診てくれるという
            この診療所に連れてきたということでした。

                
     ペットショップでよく見かける『うさぎ』や『モルモット』たち。
           大きな声でなくこともないし
           大きな瞳で仕種も優しくて可愛い

             私が《シード》を買うショップにも
       いろんな種類の『うさぎ』や『ハムスター』が販売されています。
            ・・・・・でも、もし万一の時
           この子たちを診てくれる病院はどこにあるのか
           そこまで教えるショップは多くはないでしょう

            
            『鳥』同様、小動物を診られる病院は
             私が住む街にはあまりないように思います。


        今お世話になっている診療所がなかったら・・・・


               そう思うと
        鳥用の薬を処方され、点滴もしていただくことが出来た
           『エビ』はとても恵まれていると思います。










 
 
 
              
           
            
        もっと早く診療所の先生に出会っていれば・・・・なんて

                 せんないことを
              ふと考えてみたりするのです。





気にならない・気にしない

       
     窓の外は 台風の影響で風が強く吹いています。


           
      そんな風の音も、ゴーヤの葉が大きく揺れるのも
   
        『エビ』には全然関係ないようです。
















珍しく首を後ろに向け
嘴を羽根に突っ込む姿勢で眠っていました。
よほど心地よい眠りだったのでしょう。
『ゆう』ちゃんが横で騒いでもこの通りでした


体調を崩して以来
こんな眠り方はできなかった《エビ》です。


ソノウにいつまでも食べたものが残っていたせいか
前屈みになって嘴をどこかに持たせかけるようにして
すごく不自然な姿勢で眠っていました。





蒸し暑い毎日でエアコンが必要になりました。

『エビ』にはヒーターをつけ
ケージの周りには、透明の覆いで冷気を防いでいます。



写真がぼやけているのはそのせいです




梅雨時の
温度管理の難しさを痛感するこの頃です。




すずめたちは元気です


                               私の後を追ってきたのか
    『エビ』が台所までやってきて 網戸から見える外を覗いてました。








        ドアの外には《すずめ》の餌場があります。










              ほら
やってきましたよ





















外の《すずめ》たちのように

「エビ」もご飯をいっぱい食べて

もっと、もっと元気になろうね


睡魔が潜む

        「鳥」さんは何故かスリッパに関心があるようですね。

                ☆になった
          「たい」ちゃん『おっピー』「ちび」たちは
         スリッパと戯れたり
、攻撃したり
、潜り込んだり





            この子も その仲間入りです













スリッパから 子守唄でも聞こえてくるのでしょうか










『エビ』は

居眠りと毛繕いが好きな子です


梅雨明けはまだ先のようです。

                                     つい先日出ていた予報が
          大きく外れることが多くなりました

            一昨日は
の予報が外れて
            昨日は

予報が外れて


             今日も昼頃は

           朝のラジオの予報で言ってましたが





うまく予報が外れて
 今日も青空です。






草花が(雑草も)
生き生きとしてくる季節になりました。

草むしりが待っています。。。。












明治日本の産業革命遺産が「世界文化遺産」に登録されました。

その中のひとつに端島(軍艦島)あります。


ずっと、ず~っと昔
仕事で何度か行きました。
端島は独特の可動式桟橋だったので
船から上陸するのに
  運動神経が必要だったことを覚えています(笑)

学校、病院、市場は勿論のこと
映画館、喫茶店、床屋、遊技場等
生活に必要な施設は全てあって
あの頃の島は
   近代的な街として輝いてたという印象が残っています。



年月が経ち
荒廃してしまった島。

維持保存はなかなか難しいことでしょう。



いつものことですが







                              「ゆう」ちゃんが おかしな体勢をとりながら

             こちらをチラチラ見ています。







            この体制のあとは・・・・・・







こうなります




これが「ゆう」ちゃんの
おねだりする時のパフォーマンスです。


派手ですね(笑)

仕事に励んでいます。



           『コミ』さんから以前頂いた止まり木です。




        「新しいものを頂いたので」・・・ではありませんが

             以前頂いた止まり木の加工を
            「しあ」はセッセとしています










              どんなふうに加工していくのか
              「しあ」は教えてくれません。






良薬は口に苦し(Q )) ><ヨヨ

        体調をまた崩してしまった『エビ』ですが
           今朝の体重は448㌘でした。

          
          昨夜は早めにケージに覆いをしましたが
       心配が先に立って どうしても覗いてみたくなりました。

               2時間ほど経って 
         覆いの隙間からケージの底に茶色いものが見えました。
           そのうに何時間も残っていたパウダーフード。
        吐いてしまった方が 『エビ』はすっきりするはずです。

            底の敷紙を換えて覆いを戻しました。



        今朝一番に見たのは敷紙にまたあった茶色い物でした。
        『エビ』の白い身体や嘴にもフードの塊がついていました。
           夜中に何度も吐き戻しをしたのでしょう。

          でも、昨日はプヨプヨしていたそのうが
             ペッタンコになっていました。


          いつものオレンジ味の抗生剤をやめて
        苦い味の抗生剤を今朝からは投薬しなければいけませんでした。
            (この薬は『エビ』は大嫌いです)
           
                                ぼんやりしている『エビ』の口の中に
                                           ひと押しで薬が入りました。
            嫌だと振り払うこともなく飲んでくれたので
              今朝はホッとしたところです。
               
                 
体力が無くなると怖いので
回数を増やしてパウダーフードを
吐かない程度に与えること・・・・・診療所の先生からの指導でした。

              10CC を  朝7時に与えてみました。
               吐き戻す様子無し 
です。

            仕事に行く前に 再度10CC 与えました。
               ここでも
でした。



               
         午後3時 仕事を抜け出して自宅へ戻りました。



            
         日除けのゴーヤの隙間から『エビ』が見えました。
             玩具を齧っているようでした。





         私を見つけると こんな顔で迎えてくれました。


              
         



          昨日はこの玩具に顔を埋めるようにして
         止まり木にやっと立っていた『エビ』でした。

            
         昨日の点滴と今朝の薬の効果が出てきたのか
          吐き戻しの様子は見られなくなりました。
          糞も小さなものでしたが確認できました。

               3時過ぎにも10cc
                                    ちゃんと飲みこむことができました。



              苦い薬は朝と晩の2回です。
            
             『エビ』に不安を悟られないように
                ニッコリ笑いながら
            投薬をしなければと覚悟を決めました。



 

落ち込んでいます。

                                昨日は 怖いほどの食欲を見て

               嬉しいと思いながらも
           ひょっとして・・・・の不安がありました。


                今朝は食欲が全然なく
               何となく元気がありません。

             食べた割には《糞》も少ない。。。。

             暗い中、早朝に水を飲もうとしたのか
                水が沢山こぼれていました。

            朝のパウダーフードは少しだけでしたが
             吐き戻しをしたい様子が見られました。



           夕方になってもどうしてもおかしい様子が心配で
              診療所まで連れていきました。


           『ソノウ』に炎症がみられるといわれました。
                 
                  悪玉菌もまだあるので
               抗生剤を変え、吐き気止めの薬
              ソノウの粘膜を保護する薬も加えられました。



       固いペレットを一度に食べさせたのがよくないとのことでした。
                           
           この状況になったのはこれで3度目。
            (ひとり餌への切り替えを性急しすぎました)


        ぐったりしている《エビ》が 可哀想でなりません。

              

感謝の雄叫び


          ブログのお友達komisutaa』さんから
      『しあ』用と《エビ》用にと 手造りのスタンドを頂きました


              『エビ』はまだ
          ケージの中の止まり木しか知りません。










そうそう
そこを登ってみて









少しばかりおっとりさんの《エビ》は
まだ 登ってみようとは思わなかったようでした




『しあ』には以前
《ちび》と一緒に止まれるように
大小2個のスタンドをいただきました。

今も健在ですが
あちこち齧ってご覧の通りです



糞の跡もいっぱい







こちらがピッカピカの新しい『しあ』用のスタンドです





どこに置こうか迷いましたが
今までのスタンドと交代させて
  『ゆう』ちゃんの横においてみました。






『しあ』は『ゆう』ちゃんと
向かい合って止まるのが好きなのです




「komisutaa」さん


  
  

 ありがとうございました

10か月を過ぎました☆








少しばかり大人顔になった『エビ』です



これまで『ペレット』を食べなかった分を取り戻すように
朝一番から ポリポリ
カリカリ
齧っています。
パウダーフードは少しだけ食べると
もう結構ですというように 顔を伏せてしまいます(笑)


の状態もよくなりました。


今朝の体重は498㌘までなりました。

目標の500㌘は目前ですが
まだ油断はできません。


ケージの中の玩具で遊ぶことが少し増え
外に興味が無い時は
『おいで』と手を出しても
グズグズと勿体をつけて
 
なかなか手に乗ってこようとしなくなりました。

これも成長のひと過程なのかもしれませんが
もう少し『エビ』と遊べる時間が欲しいと思います。



おはようございます。




雨上がりの朝。



7月2日は。

一年の折り返しの日だとか……




季節感を忘れてしまうほど

毎日が猛スピードで過ぎていきます。

怖いことですね

スペインとイタリアへ行ったのは


スペインのアルハンブラホテル





平和会議がありました。








《平和》について
宗教を超えて意見を交換し合う会でした。

仏教、カトリック,神道、イスラム教・・・
お互いの違いを認め合うこと
  確認しあう会議でもありました。






会議の後に『イスラム』の音楽の演奏がありました。










バチカンでは





法王謁見に参列しました。















この後、別の建物に移動して








枢機卿様にお会いしました。











長崎・広島の
   平和のメッセージと記念品の贈呈もありました。


左手の神父様は
長崎の「浦上天主堂」の大司教さまです。







4階の会議室から螺旋階段を下りました。

大理石の床と手すり。
重厚感たっぷりです。



この二か所の平和会議がメインでしたが

私にとっては
初めてのスペインとイタリアだったので
観光に力を注いだ旅行になりました