FC2ブログ

とっとっとの部屋 想い出がキラキラ

2021年春節祭(旧正月)


 

 

2021年2月11日は

中国では大晦日に当たります。

 

お正月を迎える様子を

「興福寺」まで行ってみてきました。

 

 

 

 

落ち着いた色合いの本堂に

テーブルクロスの「赤」が目に飛び込んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見るお正月飾り

 

 

 

 

 

「赤」は春節のメインカラーです。

そしておめでたい色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂の正面に「金柑」が活けてありました。

 

 

 

 

《広東話の「橘」の発音は「吉」と同じなので、

「金柑」と同じ発音の「金吉」と言えば橘が「吉」、金は「財」を意味し、

金柑は「吉祥と富をもたらす」といいます。

だから金柑は広東地方一帯で一番よい飾り物です。》

(中国観光ガイドより借用)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庫裡の玄関先にも「金柑」が飾られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「福」の文字が逆さまになっています。

 

 

 

 

 

 

{《部屋のドアや壁に「福」の文字を貼る家庭もあります。

これは昔からの風習です。

「福」は「幸せ」や「幸運」という意味があり、

「福」の字を逆さまに貼ることで「幸福がすでに来た」、

「幸せがすでに来た」ということを表しています。》

(中国観光ガイドより借用)

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「福」の飾りの下にこんな言葉が貼ってありました。

 

 

 

「興福寺」のご住職の言葉でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の「長崎ランタンフェスティバル」は

コロナの影響で早々に中止が決定されていました。

 

 

 

イベントとしてのお祭りは中止でも

新しい年の始まりを祝う準備は

「興福寺」では着々と進められていました。

 

 

 

 

今日から中国のお正月

「春節」です。

 

 

 

 

スポンサーサイト



おかえりなさい

     長崎の三菱造船所で建造した 『ダイヤモンドプリンセス』が
          松ケ枝国際ターミナルに寄港していました。
 

 
 
 
 

 
 
今日の16時『横浜』へ向け出港です。

観光気分で♪。

 
                                           
                長崎の港には「帆船祭り」の帆船が 4隻停泊しています。
 
                 今年は数が少なく、物足りなく感じる帆船祭りです。
 
 

 
 
 
おまけに 昨日は 風が強い一日でした。
 
 
それでも「長崎さるく」に参加する方が 
風に煽られながらも さるくガイドの説明を聞きながら
 帆船が停泊している水辺の森公園を目指していました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
                        強風のため、沢山のテントは閉じられ
                   いつもの賑わいに欠ける「帆船祭り」は寂しいものです。
 
 
 
                     正面に見える大きな帆船は「日本丸」です。
                 
                 将来の船舶職員を養成する独立行政法人航海訓練所の船で
                    この船で訓練を受けた人が私の会社にも居ます。
 
                真っ白い帆を張って 颯爽と航海する姿は美しいものですね。
 
 
 
 
 
 
 

              久しぶりに 東山手まで観光客気分で足を延ばしてみました。
 
 
 

 
 
                      勾配が20度もあるオランダ坂です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
坂道が大変なのか
グラバー亭がある 「南山手」の賑わいと違い
  観光客の姿はあまり見られませんでした。
 
 

 
 
 
 
 
 
                        階段を下ると程なく 「孔子廟」です。
 
 
 
 
 
     

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
紅いレンガ塀の向かい側から 華やかな香りが・・・・
 
 
 
 

   
 
   満開の「ジャスミン」の花が咲いていました。
 
 
 
 
 
 
 風に吹かれながら観光気分
と行きたかったのですが 
 
手強い風に
折角まとめた髪が乱れ髪


 
風に抵抗しながらの観光は
  ゆっくりと さるくのには程遠い 長崎でした
 
 
 
 
 
 

池島の海上で・・・・

 
 
 
 
遠くに見えているのが「池島」 です。
 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
2001年11月
  閉山した「池島炭坑』の島です。
 
 

 
 
 
 

 
この海で亡くなった方のご供養をしてまいりました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

     
 
 
 
 
 
             あなたのことは、これからも忘れません。
 

  
                     
 
                 
 

  
       私たちは いつも一緒です。
 
       
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                                 
 
                                              
   そして、私たちのことも忘れないでください。
 

 
 
                      
 

 
 
 
 
 
 
 
 
亡くなった方のご供養のあと、海の仕事に携わる者として
「安全祈願」を致しました。
 

 
 
 
 
 
 
青い蒼い『海』でした。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
港が近づくと、海の色も違ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
船酔いも全然なく、長崎の港に着きました。
 

通信ケーブル敷設船

  
                   長崎の『柳埠頭』に停泊していた船
 

 
 
 
 
 
           フランスのアルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent)社の
            ケーブル敷設船『LODBROG(ロドブログ号)』です。
 

 
 
 
 
 

昨日仕事で訪問しました。
 

 
 
 
 
 
訪船者の記入を済ませ・・・・・

 
 
まず打ち合わせです。
 

(私は後ろに座って居ただけ(笑))
 
 
 
 
 

 
 
 

船の中を見学させて頂きました。
 

 
すごく広いブリッジです。
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
このスロープは『ケーブルタンク』に繋がっています。

 
 
 
 
               ケーブルを収納している『タンク』です。                



 

 
 
 
 
大きな工場を備えたような船でした。
 

 
 
 

今回は、震災の影響で千葉県沖の『国際ケーブル』が故障。
その修理工事のための来日でした。
 
日常ではあまり見る機会のない海底通信ケーブルの工事ですが、
世界中で大活躍している船なのです。
 
 
 
 

長崎の教会  (出津)

 
 

                                                 海を見下ろす丘の上に立つ教会。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
                      それが、長崎県 旧外海町 にある「出津教会」です。

 
 
            
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

                  ド・ロ神父が「フランス」より取り寄せたマリア像。
 
 
 
 
 
 
 
 
           出津教会は、明治十二年に外海地区の司祭として赴任した
           フランス人の 「マルコ・マリ・ド・ロ神父」 により設計・施工された教会です。
 

 
 
 
 
 
                  シスターが 教会の中を案内してくださいました。 
 

 
 
 
              簡素な内部は、風雨に強いことを、第一条件として
             屋根が低く堅牢な作りになっています。             
 
 
 
 
 
 
 
           
                    余談になりますが、
         さだ まさし原作の「解夏(げげ)」の撮影の舞台で
                洋子(石田ゆり子)が祈った教会として有名になりました。
         
         映画の中で、五島列島が見えると紹介されていましたが
         外海と五島は深いつながりがあります。

         安政5(1776)年から、数回、厳しい弾圧から逃れるように
         外海地区の信者さんは、五島へ移住しました。
         隠れキリシタンとしての移住です。


 
                                         

 
 
 
 
 
 
                                               教会からの眺めです。

 
 
           遠く、丘の上に見えているグレーの屋根は「遠藤周作記念館」です。
          著書には、出津を舞台とする 【沈黙】があります。
 
 
 
 
 
        では、 「出津教会」から そこまで移動しましょう

 
 
 
 

 
 
                 夕方の鐘の音が 静かな山あいから聞こえてきました。
                 
 
 
                   
 
         
 
 
 
 
 
              記念館よりひとつ高台にある展望所のフェンスのところで
              今か、今かと 「なにか」を待っている人たちが・・・・
 

      
      それは・・・・・・・
 
 
               
                     海に沈む瞬間の 「太陽」 を待っているのです。
 
                  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
            
のふたり
には  展望台より、ここの方が特等席のようでした(笑)
 

 
 
 
 
 
 
 

 
『春』の日の 少し遠出をした1日でした。
 
 
 
 
 
 
留守番をしていたみんなの代表です。
お澄まし顔の「ひま」を
    よろしかったらポチっ☆とお願いいたします。
            
にほんブログ村 鳥ブログ

 
 

桜の花とお別れ。


 
 
                                  
 
 どう写しても、電線が邪魔な構図になってしまいます。
  教会の 『桜』の見ごろは過ぎました。
 
 次は 『藤』の花、『つつじ』の花 の季節です。

長崎のタクシーです☆


 
 
                  ピンクのボディが目立ちますね☆
                     
               
軽自動車の『タクシー』です。
基本料金が20%OFF
                             道が狭い長崎にはぴったりの『ピンクタクシー』です。
 
       
を上げて止める勇気はちょっと必要です
 
 
 
 

こんなもの み~つけた☆


 
                    何を見つけたか、ここで分かったたら・・・・すごい
 
 
 
 
 
もう少し近づきましょうか。  

                                                                                                              
                                                             
                       もう、そろそろ分かったかな~~
 
 

 
 

 
 
 

 
  これを見つけたのは、長崎の【諏訪神社】の交差点でした。
ふっと見上げると 
 
 

何のためのポールかは確認しませんでしたが、
長崎の秋の大祭 おくんち【蛇踊り】の 『蛇』 の頭です
     
 

どこの、どなたの楽しいアイディアでしょう
 

楽しい
発見でした
 
 
 
 
 

https://birds.blogmura.com/birds_tashu/にほんブログ村 鳥ブログ
          ↑
     可愛い鳥さんたちに愛のポチを☆(文字をクリックしてください)
 
 

夕暮


長崎の港。

暮れていきます…

お越しをお待ちいたします( ´∀`)





2月3日から『長崎ランタンフェスティバル』が始まります☆

長崎駅前の『カモメ広場』に設置されました。

昨夜は映画三昧☆


この写真を見て 『あ
』 と気付かれた方は
        相当な映画ファン
 
 
 
 
昨夜は、第237回 【雪月花映画劇場】 に行きました。
 
ほぼ毎月開催されているようです。
・・・・ということは・・・すごい伝統のある会です。
私が参加
したのは昨年から。
 
今回は 『手錠のままの脱獄』
         ( 1958年・米 )
 
アカデミー賞 : 脚本賞、撮影賞受賞作品
製作・監督.: スタンレー・クレイマー
 
 
鎖と憎しみで縛られた二人。 彼らが見た自由とは・・・・
豪雨のハイウェイを走る囚人護送車ががけから転落。  2人の囚人が脱走。
白人のジャック( トニー・カーチス扮 ) と 黒人のカレン( シドニー・ポワチエ扮 )だ。
2人は人種的偏見から互いに憎しみ合っていたが、手首を鎖でつながれていたので、
心ならずも協力し合わなければならなかった。
迫りくる追跡隊に加え、不安と焦燥が彼らを襲う。
そんな時に子連れの女性と出会い、鎖から解放される。
遂に自由を手にした2人は迷わず別々の方向に逃げるのだが~
 
  社会派 S.クレーマーが、人種問題に取り組んだ意欲作品。
『グレート・レース』 『お熱いのがお好き』 の T.カーチスと
『招かれざる客』 『夜の大捜査線』 のS.ポワチエの2大スターが、
火花散る熱演を披露し、見ごたえのある白黒作品です。
 
なお、ポワチエは ベルリン国際映画祭男優賞を受賞。
脚本: ネイサン・E・ダグラス とハロルド.ジェこぶスミスの二人
撮影:: サム・リーピット ( 他にカラ・ウィリアムズ、 セオドラ・ビケルの出演 )
◎S・クレイマー監督 ( 1913~2001、ニューヨーク州 ) 
『見知らぬ人でなく』 ( '55)、『誇りと情熱』('57)に次ぐ第3作です。
 
         ( 主催 平山 進 著 より抜粋)
 
 
平山さんご自身は
『映画評論家ではなく、映画感想家です。」と話されます。
平山先生や前座の方のお話がとても面白くその上、珍しい映画
お茶や、お菓子等も用意されています、 好きな方には一口ビールつきです。
会場使用料を含めて500円です。
 
 
次回は2月23日(水) 19時~  『下郎の首』 監督 伊東大輔、 出演 田崎潤、嵯峨三智子
場所  長崎市夫婦川町2番4号  平山茶道会館
 

長崎のこんな裏道

 
                         街まで歩いて20分ほど。
                    車が来る道を避けて裏道を抜けて行きました。
 
                 家屋が解体され、お風呂場のタイルだけがが残っています。
                  発泡スチロールの箱に苗を植えた跡。
                       『すずめ』が来ていました。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
暫らく行くと、ずっと前から壊れかかったままの家が、まだ残されています。
 

 
 
 
         上の写真の家の横にある長屋です。
       前より一層は老朽化が進み、今にも倒れてしまいそう。
       ここだけは20年以上そのままです。
 

 
 
 
                       家の裏側に、小さな川があります。
 

 
 
       昔は、この辺には小舟がさか登ってきていたのでしょう。
       風情のある眺めも、今は想像するしかありません。

 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                    
時が止まってしまったような・・・
そして、忘れられて風化が進んでしまったような裏道を抜けると
すぐそこが繁華街です。

営業妨害な・・・

                    
                    
いつも行く商店街です。
                    
                    
 お正月用のお餅を そろそろ準備しようと
 

 
                          
 
                    
 
沢山の人が覗き込んでいました。

 
 
 
 
        今日は朝から台風並み
の風が吹いています。
 

 
 
 
      
お~~~っと 危ない  強い風

 
 
 
 
             油断すると 
雨よけのシートまで飛ばされそう

 
 
 
 
こちらの据え売りのお店も

 
こちらのお店も

 
                     
商売になりません
 
 
 
    早々に片付け始めたところも・・・・

 
 
 
              天に向かってブツブツ言っても仕方がありませんが
             
 『営業妨害』な天気です。

 
 
 
 

私も今日は買い物は中止です。
 

喉が痛くなりそう   

                   朝から天気がはっきりしないと思っていたら
                        

 
どうやら 「黄沙」 が降っているようです。
 
 
 

  車が汚れていたのもこれで納得です。
 
 
 

                
                          どこを見ても ぼ~~~~っと しています。
 

               
 
 
今日は一日 喉が痛くなりそうな空模様です。
洗濯物は部屋干しですよ
 
 
 
 

https://birds.blogmura.com/birds_tashu/にほんブログ村 鳥ブログ
          ↑
     可愛い鳥さんたちに愛のポチを☆(文字をクリックしてください)
 
 
 
  

ちんどん屋さんがにぎやかでした☆


いつもの夢●彩●の前です。
長崎ではお馴染みの『かわちや屋』さんです。

キツネのお面   竹ん芸

                         子狐用のお面です。
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
和紙を使って作ってあります。
アップにすると リアルです。
 
 
          
このお面は大人のキツネと違って顔に被りません
額の上につけるだけです。
 
 
 
 

https://birds.blogmura.com/birds_tashu/にほんブログ村 鳥ブログ
          ↑
     可愛い鳥さんたちに愛のポチを☆(文字をクリックしてください)
 
 

10月14日は鉄道の日

        10日の夕方、用事を済ませて帰っていると、
              サイドミラーに見えた電車
 

 
 
 
 
 
 
 何やら前面につけています
 
 
 
 
 
 
 
気になるのでちょっとスピードを落として
 
 
 
 
 

 
相当古い型の電車です。
ひょっとして・・・・・・日本最古の電車?
 
 
 
 

 

  10月10日一日だけ「鉄道の日」を記念して走らせた電車でした。
   明治44年製、国内最古の木造ボギー車です。

『鉄子』 ではありませんが
珍しかったので何枚か写してきました。
手動のパンタグラフが懐かしい作りの電車です。
 
 
 
 

https://birds.blogmura.com/birds_tashu/にほんブログ村 鳥ブログ
                      ↑
     可愛い鳥さんたちに愛のポチを☆(文字をクリックしてください)
 
 
 

おくんち  南蛮船です☆

異国情緒たっぷりの船です。
 
 
 

 
 
 
諏訪神社の踊り場
お旅所の踊り場
 
2か所の奉納が済んだ
踊り町は
次々に庭先回りに向かいます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだまだ出し物は続きます。
ちょっとまた、出てきま~す。      つづく・・・・・
 
 
 
 
 
 
https://birds.blogmura.com/birds_tashu/にほんブログ村 鳥ブログ
                         ↑
             可愛い鳥さんたちに愛のポチを☆(文字をクリックしてください)

これが おくんちです☆

                  ひっきりなしにシャギリの音が聞こえてきます。
 
           
 次の踊り町の出し物は 東浜町の 【竜宮船】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

      
 
 
 
 
    
 
 

 
 
  今日は初日
    みなさん、まだまだ余裕たっぷりの笑顔です。
                                     お祭りは今日から3日間続きます。
 
 
 
 
 

https://birds.blogmura.com/birds_tashu/にほんブログ村 鳥ブログ
                         ↑
     可愛い鳥さんたちに愛のポチを☆(文字をクリックしてください)